ツアー情報トップ  > スリランカ

スリランカ航空で行くスリランカツアー

スリランカ旅行記

タヒチ キッズフリーキャンペーン

ボラボラ島 ヒルトン ビーチウェディング

タヒチ ヒルトン・ボラボラヌイ リゾート

タヒチ ハネムーンキャンペーン

トク婚 ハワイ・タヒチ

  • デラックスリゾートプラン アマンプロ
  • スパリゾート エルニド ミニロック
  • 海外旅行の「メルシーツアー」オフィシャルブログ
ご予約・お問い合わせ電話番号06-4707-0770、FAX番号06-4707-2018
■営業時間
月~金 10:00~17:30
土・日・祝休
時間外はイアオラナデスクをご利用ください。

スリランカ Sri Lanka

スリランカ シーギリヤロック

スリランカは、南アジア・インド半島の南東沖、インド洋上に浮かぶ島国。本島といくつかの小島から構成されています。総面積が北海道の約0.8倍程度と広大な島ではありませんが、その中に多種多様な生命が育まれているユニークな島です。ビーチを楽しむベストシーズンは、雨季を避け、南西部は11月から4月、北東部は5月から10月がベストシーズンとなっています。スリランカは特に紅茶「セイロン・ティー」の生産が世界的に有名で、中でも高原地帯で栽培されるハイ・グロウン・ティーは、強い日差しと昼夜の温度差、そして頻繁に発生する霜の影響で高品質な茶葉へと成長し、最高級品として取引されています。また、鉱産物では宝石が有名で、サファイア、アレキサンドライト、キャッツアイなどが産出されています。そのほか、農産物、衣料品、セメント、石油精製、織物、タバコなども生産されています。

スリランカの情報

スリランカの位置
赤道から北に約880キロメートル、南アジア・インド半島の南東沖、インド洋上に浮かぶ島国。本島といくつかの小島から構成されています。
スリランカの気候
スリランカは熱帯性モンスーン気候に属しており雨季と乾季があります。西部・南部・中央地域は5月から7月にかけて、北部と東部は12月から1月にかけて雨季が訪れ、それ以外の季節が観光に適した乾季となります。場所による気温差が激しいのも特長で、海岸部や低地は平均気温が27℃と一年を通して半袖で過ごせる熱帯気候で、標高が1,000メートルを超えるスリランカ中央部の丘陵地は最低気温が14℃前後まで下がることもあります。
スリランカの通貨
スリランカの通貨は、スリランカ・ルピー。補助単位はセントで、1ルピーは100スリランカ・セントとなります。 通貨紙幣には、10/Rs.、20/Rs.、50/Rs.、100/Rs.、200/Rs.、500/Rs.、1000/Rp等.。貨幣は、5セント、10セント、25セント、1ルピー、2ルピー、5ルピーs、及び10ルピー等があります。

スリランカ マップ

スリランカのみどころ

見どころ

スリランカには聖地アヌラーダプラや古都ポロンナルワ、古代都市シーギリヤなど、ユネスコの世界遺産に指定された史跡や自然保護区が8カ所あります。どれもがスリランカの奥深い歴史、伝統、伝説、自然を肌で感じることのできる文化・自然遺産の宝庫といえます。 

スリランカの食事

食べる

世界有数の紅茶の産地であるスリランカ。香り豊かで深みのある紅茶は世界中の人々に愛されています。またスリランカといえばエスニックなカレー。スパイスの配分・調合で生み出す美味しさが魅力です。

スリランカのお土産

ショッピング

数々の伝説に残るようにスリランカは質・量共に世界有数の宝石産出国です。ラトゥナプラは、国内最大の宝石産出地であり、産出地ならではのショッピングが楽しめます。その他にもスリランカには、ダンブッラの敷物や真ちゅう(黄銅)、アシ・イグサ・竹・及び籐の製品様々な種類の伝統工芸品があります。

スリランカのツアー詳細とツアーに関するお問い合わせはこちら↓

大韓航空で行くスリランカツアー スリランカ航空で行くスリランカツアー
ツアー情報 スタッフのスリランカ旅行記

スリランカ政府観光局のWebサイトはコチラ→

スリランカの文化遺産

聖地アヌラーダプラ

聖地アヌラーダプラは、スリランカ中央部にある文化三角地帯の最北の一角を成す大遺跡群の拠点で、今から約2,500年前にスリランカで最古の都がパンドゥーカバヤ王によって築かれた場所です。その後、この地は約1,400年に渡り政治、そして仏教の中心地として栄えました。

古都ポロンナルワ

古代都市ポロンナルワは、スリランカ文化三角地帯の最東の一角をなす大遺跡群の拠点で、インドのチョーラ王朝の侵略によってアヌラーダプラを追われたシンハラ王朝が10-12世紀に二番目の首都をおいた場所です。

古代都市シーギリヤ

スリランカ文化三角地帯のダンブッラとハバラナ間のイナマルワ・ジャンクションを東へ10キロメートルほど入った所にある巨大な岩山を中心とした幻の王宮跡。緑豊かな平原の中に突然現れる何とも不思議な形をした奇岩シーギリヤ・ロックの誕生は、約一万年前の中石器時代に遡ります。

聖地キャンディ

キャンディは、スリランカ文化三角地帯の最南の一角を成すシンハラ王朝最後の都で、現在のキャンディの人口は約11万人で、スリランカ中部の最大の都市であるとともに地域経済の中心地でもあります。

ゴール旧市街とその要塞群

ゴールは、コロンボから南に116キロメートルの距離にあり、古くから港町として栄えたスリランカ南部最大の町です。

黄金寺院ダンブッラ

ダンブッラはスリランカ文化三角地帯の中央に位置する町で、「黄金寺院」と呼ばれるスリランカ最大の石窟寺院があることで有名です。この寺院は、紀元前1世紀にタミール軍の侵略によって追放されたワラガムバーフ王により建てられました。

スリランカの自然遺産

シンハラージャ森林保護区

シンハラージャ(=ライオンの王)と呼ばれるこの森は、スリランカの南西部、東西に約21キロメートル、南北に約3.7キロメートルに広がる面積約8.8平方キロメートルの森林保護区で、スリランカで世界遺産に登録されている自然保護区の一つです。

中央高原

スリランカ中心部にあるピーク・ワイルダーネス保護区、ホートン・プレインズ国立公園、ナックルズ保護森林はユネスコ世界遺産に最も最近登録され、2010年中頃に自然遺産に指定されました。これらの海抜2,500メートルの山地にある森林には絶滅危惧種を含む珍しい動植物が生息しています。

スリランカのツアー詳細とツアーに関するお問い合わせはこちら↓

大韓航空で行くスリランカツアー スリランカ航空で行くスリランカツアー
ツアー情報 スタッフのスリランカ旅行記

スリランカ政府観光局のWebサイトはコチラ→

スリランカ政府観光局」より-